徒然なるランニングとお酒のblog

ランニングの備忘録的なブログに加えてランニングとは切っても切れないお酒のご紹介をするブログです。お酒といってもビール、ワイン、日本酒が中心です。

群馬百名山

【群馬百名山No.01】関東平野を一望!!絶景赤城山外輪山トレイルランニング

群馬百名山をトレランでの走破を目指す取り組み。
7座目は前橋市、沼田市にまたがって座する赤城山。
妙義山、榛名山とともに群馬の山を象徴する山の1つ。

赤城山は裾野が広いため麓から走ると時間がかかりすぎてしまうため、
赤城山のカルデラ湖となっている大沼湖から走ることにしました。
IMG_20200517_135513

コース概要
赤城山は大沼湖を取り囲むように複数の山で構成されています。
大沼湖畔から最高峰の黒檜山を登るだけでは物足りなく
登山道も急登が続くためトレイルランニングというより、
ただの登山になってしまうため、外輪山を走ることにしました。

大洞近くの駐車場を出発し、まずは駒ヶ岳に登り、
黒檜山を登頂、大沼湖まで下りてロードを走り、
五輪峠から陣笠山、薬師岳、出張山を走破します。
その後大沼湖の西岸遊歩道を走って大洞に戻るルート。
  • コース全長 10.6キロ
  • 所要時間 3時間10
  • 累積上昇     839m


ルートマップ
IMG_20200518_094344

標高差マップ
IMG_20200518_094424



Reliveアプリを使って作成したランニングコースのダイジェスト動画になります。


ステーション情報
大沼湖の大洞近くの駐車場を拠点としました。
実際走ってみると大洞に止めた方がよかったかもしれません。
大沼湖畔には他にも無料の駐車場がたくさんあるので困ることはないと思います。

装備品
今回は比較的長丁場が想定されるため、装備はしっかり準備しました。

ウエア関連
  • ランニングウェア上下、アンダーウェア、キャップ、サングラス
  • 防風用ジャケット
  • Salmingトレランシューズ
  • トレランバッグ
食料
  • 水500ml2本
  • エネルギージェル大1本
  • お菓子
  • SOY JOY
  • アミノバイタル

エマージェンシーグッズ
  • エマージェンシーブランケット
  • ヘッドランプと予備電池
  • ライター
  • ポイズンリムーバー


コースレポート
出発地点は大洞近くの駐車場。広くて、トイレもありました。
IMG_20200517_075701
少し下って大洞に向かいます。
IMG_20200517_080029
入山前に軽くお参り。
IMG_20200517_080225
大洞湖畔に到着。
PANO_20200517_080214
大洞湖畔からの360度パノラマ。クリックして拡大して見てください。
大洞湖畔からロードに出て登山口目指します。
IMG_20200517_080620
ロードに出て数百メートル走ると駒ヶ岳方面からの登山口。
道路脇に標識が立っているので見落とすことはないと思います。
IMG_20200517_081215
いきなり結構な急登かつ岩場です。
一気に心拍数が上がります。
朝8時半頃のため風が冷たく少し寒いくらいです。
IMG_20200517_081514
IMG_20200517_082722
どこまでも続く岩場の急登。
トレイルランニングというよりただの登山。
IMG_20200517_083013
登り始めて30分ほどで分岐点に到着。
最初の絶景ポイントに到着しました。
画像をクリックして拡大して見て欲しい。
PANO_20200517_083649
ここから駒ヶ岳山頂は緩やかな上り坂。
ようやくトレランらしく走って行くことにします。
IMG_20200517_083316
先の分岐点から3分程度で駒ヶ岳山頂到着。
IMG_20200517_083625
ここから一旦下って黒檜山を目指します。
IMG_20200517_083712
ここから標高差50メートルほど急階段を一旦下ります。
IMG_20200517_083739
下り切ると平原に出ます。正面が黒檜山。
IMG_20200517_084222
ここまでは快適にランニング。風が冷たく少々寒い。
写真ではわかりにくいですが、この先は結構な急登です。
写真を取る余裕もなく登って行きました。
IMG_20200517_090117
山頂までの看板と絶景スポットの案内発見。
IMG_20200517_090535
この鳥居のある絶景スポットに到着しました。
一通りお参りしてお祈願して下の絶景を堪能。
快晴だったので遠くまで見渡せる絶景が広がります。
こちらも画像をクリックして見て欲しい。
PANO_20200517_090349
ここから山頂まではすぐです。
IMG_20200517_091414
左に降りると黒檜山登山口に下りる道ですが、
まずは直進して山頂目指します。
IMG_20200517_090737
すぐに山頂に到着。群馬百名山赤城山を走破。
よくみると絶景スポット2分とあります。
走ったら1分くらいなのでここまできたら当然行きます。
IMG_20200517_091107
で、到着したのがこちらの絶景。関東平野を見渡すことができます。
パノラマで撮影したのもあったのですがボケボケにピンボケ、残念。
冷たい風がビュービュー吹いているので、
体が冷えないうちに分岐点まで戻ります。
IMG_20200517_091421
写真の左手に下山し黒檜山登山口を目指します。
IMG_20200517_091754
写真ではわかりにくいですがかなりの急勾配。
火山だけに大きい岩がゴロゴロ転がっています。キケン。
IMG_20200517_093248
IMG_20200517_093254
IMG_20200517_093737
どこまでもこんな岩場が続いています。
しかもどこがコースだかわかりません。
一度コースをロストしてしまいました。
木に結ばれたリボンだけが頼り。
IMG_20200517_094148
途中大沼を一望できるスポットに出ました。
湖中央の真っ赤な赤城神社が映えます。
ここはここで結構な見晴らしです。
Point Blur_20200518_171511
Point Blur_20200518_171435
下山途中に偶然ラン友に遭遇。写真をとってくれました。
IMG_20200517_095149
山頂から約30分で登山口に到着。
一気に標高1800mから1300mまで下りてきました。
スタートした時よりもだいぶ気温が上がっています。
IMG_20200517_095749
登山口に出て右に曲がりしばらくロードを走り、五輪峠を目指します。
IMG_20200517_100334
約1キロほど走ると五輪峠から陣笠山に向かう登山口に到着。
見落としやすいので要注意。
沼田市の看板が目印。
IMG_20200517_100803
走りやすいトレイルコースに入ります。
黒檜山登頂でだいぶ体力を使ってしまいましたが、
こういう道なら快適に走れますね。
IMG_20200517_100925
分岐点をそのまま直進。
IMG_20200517_101214
陣笠山走破。あまり山頂っぽくないのですぐに次の薬師岳を目指します。
IMG_20200517_101922
しばらく快適なトレイルを走った最後に薬師岳の急登。
かなり足に疲労が溜まってきた身としては、
キツイ。
IMG_20200517_102256
IMG_20200517_102305
なんとか薬師岳、標高1528m、走破!!
IMG_20200517_102703
ここからは下るだけ。快適な下り道トレイル。
快適に駆け下って行きます。
IMG_20200517_103322
木の幹の皮が剥がれているんですが、熊でしょうか。
一応今回は熊鈴持ってきたので大丈夫かと思うのですがビクビクです。
IMG_20200517_103550
看板がかすれて読めませんが、
出張山、標高1475m走破。
IMG_20200517_103604
先程登った駒ヶ岳、黒檜山をバックに大沼の景色。
IMG_20200517_103722
少し角度を帰ると鈴が岳も見えます。
今回は時間と体力の関係で登りませんが、
次回は登りたいですね。
IMG_20200517_104003
めっちゃ快適なトレイルの下り。
IMG_20200517_104211
あという間に分岐点。ここ間違えるとリカバリーきかないので注意。
厚生団地方面に下ります。
IMG_20200517_104255
IMG_20200517_104641
先の分岐点から5分ほど下るとロードに出ます。
ここを右折。
IMG_20200517_104749
東毛林間学校前を通過。
IMG_20200517_104809
こちらの分岐を右折。
IMG_20200517_104920
この分岐も右折。
IMG_20200517_105023
大沼到着。右折。
IMG_20200517_105056
大沼の看板、奥に黒檜山、駒ヶ岳が見えます。
IMG_20200517_105124
湖畔を走っていきます。
昨日見たUTMFではゴール間近は河口湖畔を走るので
モチベーションが上がってきます。
IMG_20200517_105320
正面のロードは坂を登っていくようなので、
左折して湖畔の遊歩道を走ることにしました。
IMG_20200517_105423
アップダウンもなく快適なトレイル。
IMG_20200517_105501
石碑にも遭遇。
PANO_20200517_110424
道なりに1.5キロほど進むと大洞に到着。
ここから駐車場まで少し登ってゴール。
群馬百名山7座目を無事走破できました。
今回はメジャーな山だったこともありほとんど迷うことなく
進むことができました。
毎回こんな感じならいいんですが、スキル向上を目指します。
















群馬百名山7座を無事登破しました。







ぐんま百名山まるごとガイドの書籍購入しフル活用

今年から本格的にはじめた群馬百名山をトレイルランニングで走破する試み。
当初は観音山は石伏山など身近な山を登っていたのですが、
いざ本格的に走ろうとするとマイナーな山も多く
ホームページの情報だけだと登山口がわからなかったり、
登山道も曖昧だったりしてスムーズに登頂できませんでした。

そこで上毛新聞社が発行している「ぐんま百名山まるごとガイド」を購入。
百名山の予備知識を習得してから登頂に取り組むことにしました。
IMG_20200513_072548
こちらのガイドブックにはホームページでは得られない情報が記載されています。
山の概要はもちろん、登山のレベル、登頂に要する時間、
登山に適した季節、登山口までのアクセス、コースガイド、 
問い合わせ先が記載されています。

私が主に参考にしているのは登山のレベル、所要時間、登山口、コースガイドです。
私自身それほど登山のレベルは高くないので、
まずは登山レベルの低いものを選んで登頂しています。
装備、ツールを充実させつつレベルの高い山を目指したいと考えています。
実際走るときは必ずしもコースガイド通りのコースを進むわけではなく、
所要時間を見ながらカスタマイズすることが多いです。

こちらのガイドは登山むきなのでトレランで考えると距離が短く、
所要時間も短縮されるために物足りなさを感じる時もあるため、
コースを追加したり、車の駐車場所を遠目にしたりしています。
昨日の赤城山で7座を登頂。まだまだ先が長いので、
本書をフルに活用したいと思います。

【群馬百名山No.41】庚申山トレイルランニング

群馬百名山をトレランでの走破を目指す取り組み。
6座目は藤岡市にある庚申山。
群馬百名山で最も標高が低い山で標高189mは山というより丘の感覚でした。
藤岡市内の庚申山総合公園という公園内にある山なので迷うこともないだろうと
たいした下調べもせずにトライしましたが、やっぱり迷ってしまい、
遠回りしながらのトレイルランとなってしまいました。
IMG_20200512_180556


コース概要
庚申山は庚申山総合公園内にある山なのでそのまま真っ直ぐ登ると2キロくらいで
登頂できてしまいます。
それでは面白くないので公園外周を回って往復するコースを選択しました。
実際は少々道に迷ったため公園内も一部走ってしまいました。
  • コース全長 6.2キロ
  • 所要時間 55
  • 累積上昇      228m
 コースもそれほど長くなく、標高差も大きくないので気楽に走れるコースだと思います。
 ただコースマップがないと確実に迷います。

ルートマップ

IMG_20200513_064134

標高差マップ
IMG_20200513_064258


Reliveアプリを使って作成したランニングコースのダイジェスト動画になります。


ステーション情報
庚申山総合公園が拠点となります。
山が入る位の大きな公園なので駐車場も無料でたくさんあります。
トイレもありますが、更衣室は体育館の方にあるかもしれませんが未確認です。

装備品
コースも長くないですし、迷っても遭難することはないと思うので軽めの装備。
というよりほとんどジョギング装備でした。
着替えなし、水も食料も現金も車に置いてきてしまいました。
  • ランニングウェア上下、アンダーウェア、キャップ
  • Salmingトレランシューズ

コースレポート
IMG_20200512_153827
スタートは庚申山総合公園に入ってすぐの左手の駐車場。
IMG_20200512_153851
ここから奥に登っていきます。
IMG_20200512_154225
左に抜けていく道があります。
早くもトレイルコースっぽくなってワクワク。
IMG_20200512_154354
トレイルが続くのかと思ったらすぐに舗装路にでました。
左手はお墓。夕暮れにははしりたくない。。。。
IMG_20200512_154433
舗装路の右側には遊歩道があり、こちらを走ることにしました。
結構傾斜がきつく、まだ体が温まっていないこともあり、
はやくも息があがります。
IMG_20200512_154604
スタートから500mあたりで展望台発見。
IMG_20200512_154642
展望台からの眺めはまったくありません。ちょっとがっかり。
IMG_20200512_154742
こんな道を走っていきます。
このまま真っ直ぐ行けばよかったのですが、迷ってしまいました。
IMG_20200512_155246
公園内に戻る道を下って行きます。
IMG_20200512_160048
公園内の舗装路に出て、山頂方面に進むことにしました。
IMG_20200512_160252
山頂に登る道に入っていくと。。。。
IMG_20200512_160532
200mほどで山頂に到着!!
ここまでで2キロ弱。時間にして20分少々。
立ち止まって位置を確認したりしたので時間がかかってしまいました。
IMG_20200512_160518
山頂にも展望台があります。
IMG_20200512_160619
あいかわらず見晴らしはイマイチ。
IMG_20200512_160709
展望台の横道から公園の反対側を回っていきます。
IMG_20200512_160855
IMG_20200512_161017
結構快適なトレイルが続きます。しかも下り坂なので楽チン♪♪
IMG_20200512_161359
ようやく見晴らしのよい場所がありました。
IMG_20200512_161605
みかほみらい館に到着。建物をぐるっと回って来た道を戻ります。
このまま駐車場方面に戻ると早く帰れます。
IMG_20200512_162712
庚申山山頂を再度通過して戻ります。
IMG_20200512_162905
行きは左手からきましたが、帰りは直進。
IMG_20200512_163123
道なりに右に進みます。
IMG_20200512_163157
遠くに秩父の山が見えます。
IMG_20200512_164040
スタート地点の駐車場に戻ってきました。
群馬百名山6座を無事登破しました。







【群馬百名山No.59】石尊山トレイルランニング時計回り

群馬百名山をトレランでの走破を目指す取り組み。
5座目は安中市にある石尊山。標高は571mと今回もそれほど高い山ではなかったので
午前中の半日で走破できました。
今回から上毛新聞社が発行している群馬百名山の書籍を参考にコースを組み立てるようにしました。
しかし、同じ週の火曜日に半時計回りトライしたのですが道に迷った為に登頂できなかったたため
今回は時計回りに走ってリベンジしました。今回も所々迷いましたが何とか走破することができました。

コース概要
安中榛名駅から直接石尊山を登ると半分くらいの距離となって面白くない為、
安中榛名駅から戸谷山を目指し、風戸峠を経由して石尊山登頂、赤穂四十七士石像を巡って、
御殿山を登って、安中榛名駅に戻るコースを設定しました。
途中何度か迷ったので変なコース図になってしまいましたがご容赦下さい。
  • コース全長 11.4キロ
  • 所要時間 2時間3
  • 累積上昇      565m
 コースもそれほど長くなく、標高差も大きくないので気楽に走れるコースだと思います。
 ただコースマップがないと確実に迷います。

ルートマップ
スクリーンショット 2020-04-29 18.56.05



標高差マップ

スクリーンショット 2020-04-29 18.59.32






Reliveアプリを使って作成したランニングコースのダイジェスト動画になります。


ステーション情報
北陸新幹線安中榛名駅を拠点としました。
新幹線で来ることもできますがこの駅に停車する本数が少ないので時刻表を要チェックです。
広大な無料駐車場があるので車で来ても問題ないと思います。
トイレは駅の改札の中にありますが、駅員さんに声をかけると入れてもらえます。
駅の売店にハイキングマップがあるので入手すると参考になります。
IMG_20200429_093348


装備品
コースも長くないですし、迷っても遭難することはないと思うので今回は軽めの装備。
デイバックなしで行きました。
  • ランニングウェア上下、アンダーウェア、キャップ、サングラス
  • おニューのSalmingトレランシューズ
  • 飲料は600ml一本
  • Tシャツ
  • 食べ物は車中に忘れてきたためなし。
  • 現金少々

コースレポート

IMG_20200429_093348
安中榛名駅を出発。高崎に住んで20年経つまで一度も来たことなかったのに、今週2回目w。
IMG_20200429_093448
駅舎に向かって左手に駅の反対側にでる通路があります。
IMG_20200429_093543
通路をくぐると第二駐車場があります。
こちらを出て右手に登っていきます。
IMG_20200429_093554
結構急坂。
IMG_20200429_093813
500mほどで左折して横道に入ります。
IMG_20200429_093834
横道に入ってすぐ右折。ここからしばらくは登りが続きます。
IMG_20200429_094752
所々に標識が立ってますが、今回は標識とは異なるコースのため、
あまり参考になりませんが、迷った際のエスケープルートに使えそうです。
IMG_20200429_094914
1キロ程度走ると大通りに出て、左折。
IMG_20200429_094943
左折して10メートル走ってすぐ左の脇道に下ります。
IMG_20200429_095339
しばらくアップダウンのあるロードを走ります。
所々こんな見晴らしの良いポイントに出ます。
IMG_20200429_095440
2キロ地点位で石尊山の登り口に出ます。
この階段登ると山頂にたどり着けます。
それだけでは距離が短く面白くないので、そのままスルー。
IMG_20200429_095634
少し走ると分岐に出るので右折します。
IMG_20200429_095934
さらに500メートル弱で左折して脇道に入ります。
IMG_20200429_100859
しばらく1キロほど登りが続いて、戸谷山登山口に到着。
こちらを右折してここからトレイルに入ります。
IMG_20200429_100936
登山道入ってすぐの所に休憩所あり。
全然疲れてないのでスルー。
IMG_20200429_101204
戸谷山に向かう標識に従って右折。
少し急坂になります。先のコースが分からないので体力温存しましたが、
今後もそれほど急坂はないので結構ペース上げてもよかったかもしれません。
IMG_20200429_101218
落ち葉でふかふかの快適トレイル。
IMG_20200429_101444
山頂に入る階段。右折します。
IMG_20200429_101700
階段登ると山頂。
IMG_20200429_101543
山頂は携帯の基地局があります。
IMG_20200429_101537
多分戸谷山山頂に到着。標高605メートル。
石尊山よりも標高高いみたいです。今日の最高点に到達してしまいました。
IMG_20200429_101704
右折して風戸峠に向かいます。
IMG_20200429_101931
IMG_20200429_102013
超快適なトレイル。ゆるい下りで整備も行き届いているのでかっ飛ばして下ります。
IMG_20200429_102121
あんまり見晴らしはよくないですが、左側には榛名方面の景色が広がります。
IMG_20200429_102345
IMG_20200429_102500
だんだん勾配が急な下り坂になります。
IMG_20200429_102531
舗装路に出ると風戸峠に到着。
間違えてそのまままっすぐロードを進んでしまいました。
そのまま行っても、石尊山の階段口から登れるのですが、あまり面白くありません。
舗装路に出て逆に向かうように左折します。
IMG_20200429_103320
左折するとすぐにカーブミラーが見えます。
このカーブミラーの裏の石垣が登山道になっていて、
こちらから登っていきます。
IMG_20200429_103344
狭いですが、なんとなく道があります。ちょっと不安。
IMG_20200429_103808
さらに進むと完全に登山道が開けます。
こちらを登って行きます。
IMG_20200429_103941
500メートル位進むと山頂に到着。
IMG_20200429_104004
IMG_20200429_104016
石尊山の山頂。家族の健康と成長をお祈りしました。
IMG_20200429_104030
わずかな見晴らしの良いスポット。
IMG_20200429_104043
下り基調のコースを進んで行きます。
コース整備がいいのでかっとんで行けます。
IMG_20200429_104253
IMG_20200429_104639
ベンチに出ます。あんまり見晴らしよくないんです。
3日前に来た時、もう少し森を進めばこの辺りに出たと思うのですが、
たどり着けませんでした。
IMG_20200429_104732
さらに快適に下って行きます。
IMG_20200429_105033
分岐点にでました。右側に進んだのですが、多分左側でも良かった気がします。
次回、反時計回りに走って確認したいと思います。
IMG_20200429_105322
しばらく下ると急に開けた畑のエリアに出ます。
御殿山に向かうのですが、登山道に入る場所に迷った挙句
諦めて赤穂四十七士像に向かいます。
そのまま道を下って行きます。
IMG_20200429_111152
こちらの梅の木のある大通りに出て左折。
IMG_20200429_111239
公民館を通過。
IMG_20200429_111345
見晴らしの良い場所に出たら、左折して脇道を入ります。
IMG_20200429_111444
ちょっとの間のトレイル。竹が倒れていますが何とか通れました。
IMG_20200429_111655
赤穂四十七士像の駐車場に出ます。ここを拠点にしてもいいかもしれません。
奥の道を登って赤穂四十七士像への道を進みます。
IMG_20200429_111841
IMG_20200429_111855
結構いい感じの壮大な岩の下にお地蔵さんがあります。
さらに奥に進みます。
IMG_20200429_112015
IMG_20200429_112037
IMG_20200429_112057
赤穂四十七士像に到着。
この案内板の右後ろに御殿山への登山道があります。
非常にわかりにくいです。
IMG_20200429_113313
ここを登って行きます。
急登ですが、数百メートル進むと山頂に到着。
IMG_20200429_112928
ほとんど周りは何も見えません。
この季節でなければ草が生い茂ってたどり着けないかもしれません。
IMG_20200429_113245
赤穂四十七士像に戻る所です。
急登でかつ道も狭く、落ち葉で道が隠れているので踏み外さないように慎重に進みます。
IMG_20200429_113506
駐車場に戻って左に下って行きます。
IMG_20200429_113544
通りに出たら右折。
IMG_20200429_113742
軽い下り道を走って安中榛名駅を目指します。1キロ弱でしょうか?
IMG_20200429_114014
ロータリーまで来たらもうほぼゴール。
安中榛名駅も見えているはずです。
ロータリーを右折。
IMG_20200429_114133
安中榛名駅に到着。
途中道に迷いましたが、予定していた山は全て登頂できたので目的を達成できました。
次回は反時計回りに走破したいですね。









【群馬百名山No.61】宗台山を快適トレイルランニング

群馬百名山をトレランでの走破を目指す取り組み。
4座目を狙った天狗山を登頂できなかったので、
そのまま安中市にある宗台山にチャレンジすることにしました。
といっても、標高は299mとかなり低いので楽勝でした。
とても快適に走れました。

コース概要
  • コース全長 約2.8キロ
  • 所要時間 28
  • 累積上昇      110m
今までで一番軽いコースのような気がします。

ルートマップ
Point Blur_20191208_081239


標高差マップ
ほとんど標高差を感じないコースです。
宗台山



Reliveアプリを使って作成したランニングコースのダイジェスト動画になります。


ステーション情報
拠点としたのはふるさと学習館トイレ・駐車場もあります。
ロッカー、更衣室はないのですが、そこは車中で対処。
バンガローがあるので宿泊もできますね。
IMG_20191130_133533

装備品
天狗山からそのまま来たので、装備は同じ。
デイバックなしでもよかったのですが、一応水を持って行くためにデイバック背負いました。
  • ランニングウェア上下、アンダーウェア
  • いつものトレランシューズ
  • デイバッグ
  • 飲料は500ml一本。
  • Tシャツ、レインウエア、ウィンドブレーカー、エマージェンシーシート
  • 食べ物はジェル1個

コースレポート
宗台山は標高は低いですが周りになにもないので眺望がよいのがうりです。

IMG_20191130_125144
スタート地点の眺望がすでにこんな感じ。
IMG_20191130_125631
ここからしばらくロードを走ると、登山口にさしかかります。
IMG_20191130_125724
少しわかりにくいですが、小さい標識があります。
狭い道を上っていきます。
IMG_20191130_125810
道は整備されていてとても走りやすいですね。
IMG_20191130_130317
走り始めてから10分弱で山頂に到着。
群馬百名山4座目登頂。
IMG_20191130_130257
360度見渡せる標識。
Soudai
360度パノラマ。妙義、浅間、赤城が一望できます。
このまま戻ると距離が短すぎるので別の道から下山することにしました。
結構快適なトレイルです。
IMG_20191130_130637
所々に分岐点がありますが、学習館方面に行けば大丈夫。
間違って反対側に出たとしても十分戻れる位の距離です。
IMG_20191130_130816
IMG_20191130_130910
IMG_20191130_131156
落ち葉でフカフカ。人も少ないし。
本当に快適なトレイルです。
IMG_20191130_131258
森林に囲まれているので冬でも風の影響は少なくて寒くなさそう。
IMG_20191130_131400
ロードがみえるとゴールまでもうすぐです。
IMG_20191130_131641
のどかな風景もあります。
IMG_20191130_131930
眺望を眺めながらの最後の直線。
IMG_20191130_133533
ゴールとなるふるさと学習館。祝日も開いてました。
こちらのトイレもきれいです。
普段の練習コースとしてつかえそうです。



ギャラリー
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山