2020年2月23日に予定通り観音山ファミリーパークトレイルランニング大会が開催されました。
コロナウイルスによる感染が広がりつつあるため、日本各地のマラソン大会が中止となっていました。
それでも、エイドでの消毒のためのアルコール、うがい薬などできる限りの対策をとることで、
開催するという決断を下したようです。

そのような状況の中、今回は大会運営をサポートするボランティアとして参加しました。
これまで数多くの大会に応援に行くことはあってもボランティアとして参加するのは初めてでした。

たった一回のボランティアですが、レポートしたいと思います。

  • 集合は朝7時!!
大会会場が自宅近くだったので6時起きで間に合いましたが、
10時半スタートの3時間近く前に集合するんですね。かなり眠い。

  • まずは会場設営をお手伝い
大きな大会ではボランティアの数も多いので役割分担があるのかもしれませんが、
今回は小規模な大会なので何でもやる感じです。
まずは会場の設営。テント関連は前日に設営が終わっていたので、
受付のテーブルやエイドのテーブル、救護エリアの設営関係から始まりました。
IMG_20200223_065911
エイドテント。ドリンク類の搬入。
IMG_20200223_065854
タイム計測の機器設置。こちらはプロの業者の方にお願いしています。

IMG_20200223_071033
選手の受付テーブルの設置。何人参加してくれるかドキドキです。

  • 設営がひと段落したところで軽くブリーフィング
IMG_20200223_071611
ボランティアスタッフが集まって全体説明。
アルコール除菌セットもテーブルに並んでいます。
IMG_20200223_071759
計測機器の設置が一気に進みました。さすがプロ。場数が違います。
IMG_20200223_073810
表彰台エリアの設営。地面がデコボコしているので調整が結構むずかしそうです。
IMG_20200223_084426
はじめに子供達の2キロ大会があるために親がポールポジションを確保していました。
IMG_20200223_084505
エイドでのお菓子、バナナ、ミカン、水、スポーツドリンク、コーラが準備されています。
  • 選手の参加受付でアタフタ
設営が終わったころには選手受付の時間が迫ってきて、休む間もなく選手受付のお手伝い。
受付の手順もあまりわからなかったのでかなりアタフタしてしまいました。
選手の名前をうかがって、リストからゼッケン番号を探し出すのがこんなに大変だとは思いませんでした。待たしてしまった選手さんがいらっしゃったら申し訳ない。
選手受付では、まったく写真を撮る暇がなくなってしまいました。
11時からの一般の部16キロ、28キロの部が始まる30分前にようやく解放。
  • 大会が始まったら即コース誘導に任命
IMG_20200223_104252
表彰台近くではコース説明のための人だかり。
解放されたと思いきや、休む間もなく、コース誘導係に任命されてしまいました。
IMG_20200223_110118
1周目のトラックコースの誘導。
まだまだ体力があるので結構ハイペースです。
IMG_20200223_112352
2週目以降は心臓破りの坂を上った地点のコース誘導。
周回コースなので、周を重ねる毎にペースが落ちてくる選手を
何度でも選手を応援できるのがいいですね。
  • 選手のほとんどがゴールして、ようやく休憩
IMG_20200223_145141
コース誘導が終わると一気にやることがなくなり、表彰式を見ていました。
エイドであまったお菓子などをほおばりながら眺めていました。
コース誘導でめちゃくちゃ速い選手がいるなと思っていた人が優勝していました。

  • 最後のお仕事は撤収
表彰式がすすみつつ、エイドや受付、救護所の撤収を始めました。
撤収は意外と早く1時間ちょっとで完了。4時半ごろに終了です。
朝7時から9時間近くのお手伝い、ほとんど休憩なし、
ごはんもゆっくり食べれないほどの忙しさ。
普段何気なく参加している大会ですが、ボランティアなくしては開催できないので、
ありがたみが身に染みてわかった大会でした。

ほんとにいい経験をさせていただきました。
次回から大会参加時には今まで以上にボランティアスタッフには感謝したいと思います。