2020年2月23日(日)に群馬県高崎市で開催される観音山ファミリーパークトレイルランニング大会コースを下見してきたので、そのレポートをしたいと思います。

大会の詳細はこちらを見て下さい。


コース紹介動画
まずはReliveで作成したコース紹介動画をご覧下さい。

大会は子供用2キロ以外に16キロと25キロがあります。
こちらで紹介したコースは1周4キロ走った後に3キロのコースを周回することになります。
16キロの部は5周、25キロの部は8周はしることになります。

コースレポート
コースを試走した感想を一言で言うと、結構がっつり走れるコース。
会場は観音山ファミリーパークという公園内に整備された、
自然歩道のコースなのであまりたいしたことないとたかをくくってました。
私自身、普段の練習コースにしたり、高崎自然道の一部コースとして
はしったことは何度もありましたが、本気で走ったのはこれが初めて。
いざ、本気で走るとかなりキツい、コースも入り組んでいてテクが必要な
ガチンコのコースでした。

それでは、ここから写真を交えてレポートしたいと思います。
スタート地点は公園広場のトラックからスタート。
最初の1周だけ約1キロトラックを周回します。
IMG_20191208_142448
トラックといっても陸上競技場のようなコースではなく。
普通の路面です。公園には普通のお客さんや子供も多いので
接触しないように注意がひつよう。
IMG_20191208_143141
トラックを1周強まわると自然の森遊歩道に入ります。
南コース、中央コース、北コースと回っていくことになります。
IMG_20191208_143251_1
南コース、中央コースはそれほどアップダウンしながら下っていきます。
コース整備は行き届いています。
IMG_20191208_143424_1
前半は道幅も広く追い越しポイントも多数あります。
IMG_20191208_143620
中央コースに入るとほぼ下り。道も狭くなってきて、
両側崖のような所もあるので転倒しないように要注意。
IMG_20191208_143834
急階段もあります。狭い上、段差もあり不規則なので
リズムがとりにくいですね。
IMG_20191208_144015
一番下までおりると北コースに入って、
いままで下った高さを一気に登ることになります。
IMG_20191208_144400
はじめはこんなフカフカの広め、平坦フカフカコース。
追い越し、追い越されポイントです。
IMG_20191208_144445
急階段が登場。半分くらいの高さまで一気に登ります。
ここはキツい。
IMG_20191208_144621
階段を上りきるとロードにでてさらに急坂を登っていきます。
呼吸を整えながら無理せず登ります。
IMG_20191208_154945
自然道を走ると途中ちらほら高崎市街が見渡せますが、
ここが一番見えるかな?
IMG_20191208_145043
北門からファミリパーク内にもどります。
IMG_20191208_145242
トラックに合流したかと思えば、滑り台横の広場を一気に100mほど駆け下ります。
せっかく登ってきたのに。。。。。
IMG_20191208_145318
下についたら、なんとまた駆け上がっていくことになります。
心臓破りの坂。
実は1周目はそれほど苦ではありませんでした。
2周目、3周目とボディブローのようにつらくなってきます。
足が上がらない、呼吸が整わない。
今回は3周しかしなかったのですが、4周、5周はさらにつらいんだろうと思います。
IMG_20191208_145520
坂を登り切ると、2周目はまた自然歩道に行くと思います。
最終週のみ再度トラックにもどります。
IMG_20191208_145658
こちらが最終コーナー。
スタート地点にもどってゴールです。
1周目はアップもかねて写真をとりながら走って32分。
2周目はがちでがんばって25分。
3周目は流して30分。
本番ではどのくらいのペースで走るか悩ましいところです。