2018年に投稿した
「ランニングアプリStravaとReliveとの連係でつくる動画がすごい」ですが、
アプリがアップデートされて使い方が変わったために、
新たに2019年版として動画作成編を現在のアプリを使った作成方法を投稿することにしました。

加えて、Reliveの大部分の機能は無料で使えるのですが、
今回有料版に切り替えて使えるようになった新しい機能も紹介したいと思います。


■ 準備するもの
  ・GPSウォッチ(ランニングデータが記録されたもの)
  ・ランニングコース上でスマホで撮影した画像データ
       ・GPSウォッチメーカが提供しているアプリ「EPSON VIEW」(Stravaアプリとの連携設定済み)
    この記事ではEPSON Wristableを使った場合を解説します。
  ・StravaアプリとReliveアプリ

■ Stravaアプリへのランニングデータの取り込み
  Wristableの場合はGPSウォッチからEPSON VIEWへデータを転送すると
  自動的にStravaアプリに転送されます。
  もし転送されないようであればアプリ間の連携がうまくいってないのかもしれません。

 ■ Stravaアプリでランニングデータの編集とReliveへの転送
  まずはStravaアプリ上でランニングデータの編集を行います。
  
  Stravaアプリで取り込んだデータの確認

  今回はMorningRunというデータ名になっています。
  データ名の変更、ランニング中に撮影した画像の追加を行っておくと、
  Reliveで取り込んだあとの操作が楽になります。

Stravaアプリを起動して、「自分」タブを押して、
自分のランニングデータを表示させます。
「Morning Run」を押して詳細データを表示させます。
BlogPaint

  ランニングデータの編集
  右上のアイコンを押して、「編集」を選択。
BlogPaint
アクティビティ編集の画面でのアクティビティ名「MorningRun」が
Reliveでもビデオタイトル名となるので必要に応じて編集してください。
Reliveアプリ起動後でも編集可能です。

画像を追加します。
ガリガリ君の画像など何枚か追加済みの画面です。
Screenshot_20190526-114742
プライバシーコントロールの部分をタッチして下のウィンドウを表示させて
公開範囲を変更します。
はじめは「自分のみ」になっていると思いますが、
こちらを「全員」に変更。
「OK」ボタンを押下します。
BlogPaint
アクティビティ編集画面に戻って保存を押下します。
Screenshot_20190526-114742


■ Reliveへの転送
アクティビティ名の編集、画像の登録が終わり、PrivateActivityを公開モードして、
右上の保存ボタンを押下すると自動的にReliveに転送されます。



■ Reliveアプリでの動画制作
Reliveアプリを有料版に切り替えると以下の機能が使えるようになります。
- 12時間以上のランニングデータの作成
- BGMを組み込むことができます
- 1度制作した動画を何回でも編集することができます

Reliveアプリを起動すると先程転送したワークアウトデータが
グレーになって、鉛筆のアイコンとともに表示されています。
この鉛筆アイコンを押して動画作成モードに移行します。
Screenshot_20190519-082238


まずは動画に使用する画像を選択します。
Stravaで登録した画像が自動的に選択されるのでそれを使う場合は
そのままNextボタンを押下。
新たに追加するには表示された画像を選択して追加削除してください。
1動画に10枚まで使えるようです。
※ここで注意。使用する画像は実際にランニング中に撮影した画像を選択
するようにしましょう。動画作成時に撮影した日時とランニングデータの日時で
近いものを動画に挿入する仕組みになってます。
昔の画像を選択すると動画の最初に全部まとめて表示されてしまいます。
ランニング後に撮影した画像だと動画の最後に全部まとめて表示されてしまいます。
Screenshot_20190519-082300

写真の選択がおわったら「Next」ボタンを押します。
AddFriends画面はよくわからないのでそのまま「Next」ボタンを押します。

Screenshot_20190519-082516

この画面が新たに追加されました。
ゲージのような部分を左右に動かすことで任意の場所に画像やコメント、アイコンを
追加、削除、変更することができるようになりました。
鉛筆アイコンを押下して下の画面を出します。
Screenshot_20190519-082543
アイコン、コメント、画像を編集します。
編集が完了したら「完了」ボタンを押下。

元の画面で「Next」ボタンを押下。
Screenshot_20190519-082722
こちらの画面で友達を追加できるようですが、
どのような機能なのか使ったことがないのでわかりません。
そのまま「Next」ボタンを押下。
Screenshot_20190519-082901
有料版ではBGMを選択することができます。
いろいろなシーンにあったBGMを選択できるので、好みのBGMを選択。
「Next」ボタンを押下。
Screenshot_20190519-082937
こちらの画面で最終確認。
「作成」ボタンを押下。
Screenshot_20190519-082948

このように動画作成中の画面になります。
以前は1動画作成するのに1時間程度かかっていましたが、
最近はめちゃくちゃ速くなっていて、10分もかからないです。
有料版であれば動画を作って気に入らなかったら
再度作り直すこともできます。

ぜひ試してください。