音楽を聴きながらのランニングには賛否両論あると思いますが、
私はこれまでランニング中に音楽を聴かない派でした。
しかし、今回あえてブルートゥースという規格に準拠した
ワイヤレスのイヤホンを購入しました。

購入にいたった動機

最近、NHKのBS1で放映している「グレートレース」という番組にはまっています。
世界中で開催している100マイルレースや250㎞級のレースに挑戦している人たちの
番組です。
この番組を見た後は無性に走りたくなります。
その時に口ずさんでいるのが、この番組のテーマソングになっている、マイア・ヒラサワさんが
うたっているFIGHT WITH LOVEという曲です。
この曲をランニング中にどうしても聞きたくなったので購入することにしました。


ランニング中に音楽を聴くことのメリット・デメリット
一応、メリットとデメリットを挙げてみました。

(メリット)
気が紛れる。
リズムにのって走ることができそう。

(デメリット)
危険。 ⇒ 歩道など安全な道を走ればよい。
呼吸や心拍を感じとれない。⇒ 心拍がついたGPSウォッチ
汗をかいてくると邪魔になる。 ⇒ はずせばよい。
疲労がたまってくると音楽が雑音に変わる。 ⇒ はずせばよい。

デメリットの方が多そうですがそれなりにカバーできそうでした。

今回購入したワイヤレスイヤホン

楽天市場で検索して購入しました。
秋のウルトラマラソンでも使いたいのでバッテリー寿命は重視して10時間。
防水・防滴仕様。あとはレビューで比較しました。
IMG_20180722_100550
本体だけだとこんな感じです。
IMG_20180722_100503
ブルートゥースの場合は初めに使用するときに
スマホ等の再生機器とペアリングという操作をして
接続しないといけません。
今回はペアリングも何の問題もなくつながりました。

ざっと使用レポート
早速、このワイヤレスイヤホンを使って近所をランニングしてきました。
まだランニングにあった好みの曲をプレイリストに登録していなかったので、
曲はイマイチでした。

イヤホンは耳にフィットして全く違和感がありません。
これなら長時間でも気にならないと思います。
ワイヤーやバッテリーの部分が気になるかと思いましたが、
こちらも全く気にならなかったです。

ランニング中にちょっと邪魔になってもこんな感じで
イヤホン同士を磁石でくっつけることで首にかけて走ることができます。
IMG_20180724_063402

1時間ちょっと使用しましたがバッテリーはほとんど減っておらず
長時間のランニングでも充分使えそうです。

次回は30㎞走あたりでマイア・ヒラサワさんのFIGHT WITH LOVEを聞きながら
使ってみたいと思います。