ランニングを初めた当初はスマートフォンのランニングアプリを使用していたのですが、
頻繁に走るようになるとどうしても専用のものがよくなり、4年前にGPSウォッチを購入しました。
当時でも何種類かのメーカーが出していたのですが国産に強い愛着がある自分としては
EPSON Wristable SS-500を購入。日々の練習から数々の大会でお世話になったとても
思い入れのある時計でした。
それでも時代の流れには勝てず、準天頂衛星みちびき対応、脈波測定機能、VO2Max測定機能など
数々の機能が開発され、SS-500のバッテリーにも不安を感じ始めたために今回新しく購入することにしました。

メーカも迷ったのですが、初代購入後も継続して機能開発に取組、不具合時のサポート対応も
良かったこともあり引き続きEPSONを選ぶことにしました。
機種については脈波が測定できる、ウルトラマラソンに耐える駆動時間が一番必要な要件。
電子ペーパー対応にするか否かで迷ったのですが、壊れない限りはこの時計を使い続けるつもりで
ハイエンドのJ-350に決めました。

写真左側が以前使っていたSS-500
右側が今回購入したJ-350

新しいJ-350の機能についてもレポートしたいと思います。
IMG_20180330_080350_899