徒然なるランニングとお酒のblog

ランニングの備忘録的なブログに加えてランニングとは切っても切れないお酒のご紹介をするブログです。お酒といってもビール、ワイン、日本酒が中心です。

2019年12月

【群馬百名山No.61】宗台山を快適トレイルランニング

群馬百名山をトレランでの走破を目指す取り組み。
4座目を狙った天狗山を登頂できなかったので、
そのまま安中市にある宗台山にチャレンジすることにしました。
といっても、標高は299mとかなり低いので楽勝でした。
とても快適に走れました。

コース概要
  • コース全長 約2.8キロ
  • 所要時間 28
  • 累積上昇      110m
今までで一番軽いコースのような気がします。

ルートマップ
Point Blur_20191208_081239


標高差マップ
ほとんど標高差を感じないコースです。
宗台山



Reliveアプリを使って作成したランニングコースのダイジェスト動画になります。


ステーション情報
拠点としたのはふるさと学習館トイレ・駐車場もあります。
ロッカー、更衣室はないのですが、そこは車中で対処。
バンガローがあるので宿泊もできますね。
IMG_20191130_133533

装備品
天狗山からそのまま来たので、装備は同じ。
デイバックなしでもよかったのですが、一応水を持って行くためにデイバック背負いました。
  • ランニングウェア上下、アンダーウェア
  • いつものトレランシューズ
  • デイバッグ
  • 飲料は500ml一本。
  • Tシャツ、レインウエア、ウィンドブレーカー、エマージェンシーシート
  • 食べ物はジェル1個

コースレポート
宗台山は標高は低いですが周りになにもないので眺望がよいのがうりです。

IMG_20191130_125144
スタート地点の眺望がすでにこんな感じ。
IMG_20191130_125631
ここからしばらくロードを走ると、登山口にさしかかります。
IMG_20191130_125724
少しわかりにくいですが、小さい標識があります。
狭い道を上っていきます。
IMG_20191130_125810
道は整備されていてとても走りやすいですね。
IMG_20191130_130317
走り始めてから10分弱で山頂に到着。
群馬百名山4座目登頂。
IMG_20191130_130257
360度見渡せる標識。
Soudai
360度パノラマ。妙義、浅間、赤城が一望できます。
このまま戻ると距離が短すぎるので別の道から下山することにしました。
結構快適なトレイルです。
IMG_20191130_130637
所々に分岐点がありますが、学習館方面に行けば大丈夫。
間違って反対側に出たとしても十分戻れる位の距離です。
IMG_20191130_130816
IMG_20191130_130910
IMG_20191130_131156
落ち葉でフカフカ。人も少ないし。
本当に快適なトレイルです。
IMG_20191130_131258
森林に囲まれているので冬でも風の影響は少なくて寒くなさそう。
IMG_20191130_131400
ロードがみえるとゴールまでもうすぐです。
IMG_20191130_131641
のどかな風景もあります。
IMG_20191130_131930
眺望を眺めながらの最後の直線。
IMG_20191130_133533
ゴールとなるふるさと学習館。祝日も開いてました。
こちらのトイレもきれいです。
普段の練習コースとしてつかえそうです。



【群馬百名山No.74】天狗山トレイルランニングに挑戦するも台風で登山道が閉ざされあえなく断念

群馬百名山をトレランでの走破を目指す取り組み。
4座目としてNo.74の天狗山に挑戦しました。
が、先日の台風19号の影響で登山道ががれきで閉ざされ。
あえなく断念。
また登山道が修復されるか別の登山道を見つけるかして再トライしたいです。

コース概要
天狗山山頂への登山道がいくつかありますが、
一番コースが長そうな白倉登山道から登りました。
  • コース全長 約4.3キロ
  • 所要時間 51
  • 累積上昇      230m
全長10キロを想定していたのですが途中で断念したため
半分位の距離になってしまいました。

ルートマップ
単調なコースマップです。
Point Blur_20191208_081221


標高差マップ
天狗山


Reliveアプリを使って作成したランニングコースのダイジェスト動画になります。


装備品
距離が短いので装備はかなり軽め。
  • ランニングウェア上下、アンダーウェア
  • いつものトレランシューズ
  • デイバッグ
  • 飲料は500ml一本。
  • Tシャツ、レインウエア、ウィンドブレーカー、エマージェンシーシート
  • 食べ物はジェル1個

コースレポート
今回は白倉登山口からの入山。
登山口はもっと先なのですが、道が狭くなり、路面も荒れてきたので、
ここに車を置いて登ることにしました。
IMG_20191130_112057
平石の摩崖仏があるようですが、寄り道せず左に進みます。
IMG_20191130_112633
登山口まではこんな感じのロード。
走りにくいですね。
IMG_20191130_112929
1キロほど走ってようやく登山口。
10台は止めれるほどのスペースがありますが、
途中のすれ違いを考えると車は下に置いた方がいいと思います。
IMG_20191130_113950
くるっと回ると登山道がみえます。元気に走って登ります。
IMG_20191130_114123
少しはしると、こんな感じで大量のがれき。
そういえばこのあたりは台風の被害が大きかった地域だったことを思い出しました。
いやな予感がします。
IMG_20191130_114332
更に進むと崖崩れで登山道が塞がってます。
なんとか乗り越えて進みますが。。。。。。
IMG_20191130_114428
がーん、完全に瓦礫で登山道が埋まっています。
少し登っていきましたが瓦礫がどんどん大きくなっています。
崩れるかもしれないので危険を感じ、なくなく撤退することにしました。
IMG_20191130_114638

ギャラリー
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山
  • 【群馬百名山No.68】夏の谷川岳登山