徒然なるランニングとお酒のblog

ランニングの備忘録的なブログに加えてランニングとは切っても切れないお酒のご紹介をするブログです。お酒といってもビール、ワイン、日本酒が中心です。

2016年09月

台風のために先週からまったく走れない日が続きもんもんとしていたところ、久々に地元の群馬県で所属するランニングクラブの練習会に参加しました。
練習場所は前橋市にある群馬大学荒巻キャンパス。
今回はランニングよりも体幹を鍛える・意識するトレーニングでした。普段は体幹を意識したことがなかったので
とても勉強になりました。これでタイムを少しでも短縮できるように体幹を鍛えたいと思います。
そのあとに群馬大学をでて6-7kmのランニングを行って練習会を終了。
久々のランニングだったので少し物足りなく思い、ランニング仲間にお付き合いいただいて
群馬大学敷地内にある自然道をさらに6kmほど走りました。
ランニング後には荒巻キャンパスすぐそばにある前橋温泉で疲れを癒し帰宅しました。
久々に走れたことと、温泉に入れたことでとても充実したランニングでした。

Gundai1
Gundai2
 

ふるさと納税は1年間の上限額が決まっているのですが、今年の期限は12月末になります。
今年はまだ枠がだいぶ余っていることもあり残りの期間で積極的に納税していこうと
思っており、地ビールの返礼品は特に注目しています。

今回は埼玉県熊谷市の地ビールである宿ビールをいただきました。
このビールはほとんど宣伝をしていないのか知名度はほとんどないのですが、
画像をみていただければわかるようにピルスナー系なんでしょうか?
味もすっきりしていて飲みやすいビールです。

image


image


image

今日はゼネラルオイスター社が岩手県大槌町と牡蠣産業復興を目的として開発された
オイスタースタウトをいただきました。
ビール自体にはオイスターの風味を感じさせるものは感じられませんでしたが、
スタウトらしいコクと苦みのあるビールでした。

image

今週は非常に遅い台風が来たためにほとんど走れず、久々のランニングとなりました。
今日はリハビリもかねて観音山までの約8kmのコースを軽く走りました。
距離はそれほど長くないですが、観音山を登る2㎞の道はかなりの急坂なので
それなりにトレーニングになり、ゴールでは巨大な高崎観音が出迎えてくれるので
達成感のあるコースです。

スタートは高崎駅の西口になります。

image
 
まずは西口を背に500mほど先に見える高崎市役所を目指して道なりに走ります。

image
 
市役所前を過ぎて軽く右カーブしながら道なりに走って最初の信号を左折し、
道路の右側に渡ります。

image
 
道の右側を走ると歩道橋で国道18号線を渡ります。
右から正面、左と雄大な景色が広がります。見晴らしの良い日には浅間山が見えることもあります。

image
 
烏川を渡り500mほど進むと観音山の山道入口の護国神社が見えます。
左手の道路を登っていきます。
image
 
こんな感じの急坂を一気に上っていきます。
image
 
image
 
急坂を上りきるとしばらくは緩い坂道が続きます。
最後の急坂は観音様の手前の登坂です。普段は観光客でもう少し人がいますが、
今日は平日なのでほとんど人がいません。

image

ゴールの観音様の足元まで来ました。
微笑んでくれているような気がします。

image

少し休憩したあと、元来た道を戻ってもよいのですが、こちらの道を右に行きます。

 image

参道を走り抜けます。週末はもう少し人もいて、お店も空いているので
活気があるのですが、今日は静まっています。
image

参道を抜けると観音山駐車場につきます。ここからは高崎市を一望できます。
4月には桜が満開となっています。

image

image

駐車場出口から右手に降りていきます。
この道も春は桜が満開で花道を下っていくことができます。

image

山道を下ると護国神社に出るので、あとは元の道を戻っていきます。

image

高崎駅西口に到着してゴール。参考までにコースマップをアップします。

Kannnon


最近、神の雫というワインを題材にした漫画を読み始めてワインに興味を持ち始めたのですが、
この24巻のストーリは丸々メドックマラソンが題材になっています。
ランナーならホノルルマラソンなどいつかは行きたい海外のマラソン大会の一つにメドックマラソンが
あると思いますがこの巻を読むとより一層行きたくなりました。

知人に聞いた話では仮装をしながら走るので自分が毎年参加している安中遠足マラソンと近しいのですが、
メドックマラソンは10km毎のエイドでフランス料理とワインが出るそうです。
ランナー+のんべぇの自分としてはいつか行きたいマラソン大会です。
ぜひ読んでみてください。


image

↑このページのトップヘ