自動車メーカであるスバル(旧富士重工業)のおひざ元である群馬県太田市で開催される
上州太田スバルマラソンの参加レポートを投稿します。

まとめると
ハーフマラソンの時間制限が2時間20分に設定されているだけに足に自信のある選手が多い
コースはほぼフラットでこの時期は風もあまり強くないため記録更新を狙いやすい
コースは単調でそれほど景色は普通。沿道の応援は少な目
スバルが全面協力しているだけに抽選会の商品がいろいろある
同じ会場では他のスポーツイベントが開催されており出店がたくさんあり、終わった後の楽しみも多い

という感じでした、結果的に記録更新はなりませんでしたが、来年は記録が狙えそうな練習量がとれれば参加したいと思います。
興味があれば引き続き読んでいただけると嬉しいです。

7月に参加した小布施見にマラソンが残念な結果だったため挽回すべくエントリーしたこの大会でしたが、
2週間前に軽い肉離れを起こしてしまい、ここしばらくほとんど走っていない状態で会場入りしました。
スタート時間が8時とこの季節にしては早いスタート時間のため自宅を5時にでて6時に会場近くの
駐車場に到着。この時間は駐車場が空いているためいい場所に駐車。早めに来るのがおすすめだと分かった。
シャトルバスは多数出ており 待ち時間は問題なさそう。

会場である太田市運動公園に到着。
image
 
運動公園はかなり広いために荷物置き場やスタート位置を探しながらトラック競技場に
行くと横断幕を発見。

image
 
スタンドはまだガラガラだったが他の参加者はこのあたりに荷物を置いていたので
ここを拠点とすることにした。貴重品は受付で預かってもらえた。
初めての大会だとこのあたりの勝手がわからないので戸惑うことがある。

image
 
軽くアップするとあっという間にスタート時間になる。
自己申告のタイムにあったスタート位置にならぶことになるが、
プラカードがハーフ2時間までしかない、小布施だと4時間くらいまであったような気がする。
さすが時間制限2時間20分の大会。肉離れが完治していない中、完走できるか不安になる。
幸い右のふくらはぎはまだ痛くない。

BlogPaint
 
今回はランニング中に撮影する余裕などなく、いきなりゴール写真。
何とか完走できた。ネットで2時間1分53秒とまた2時間切れなかった。
会場に着いたときはかなり寒かったがスタート時点にはかなり気温が上がっており
ゴールしたころには半袖で問題ないくらいまで気温が上がっていた。
スタートして10kmまではほぼキロ5分半位のペースで走っていたが、
10km過ぎたあたりから少しふくらはぎが痛み出したので少しペースを落とし、
12km地点でアミノバイタルで栄養補給を行う。14km地点から少し体力が回復したので
ペースを上げたが16km付近から徐々にペースが落ちてきてあとは疲労との闘いを
続けてゴールしたのだが2時間切りまで一歩及ばずでした。

上州太田スバルマラソンコースマップ
 
こちらがコースマップ。

image
 
普通なら大会レポートはここで終わるのだがこの大会はここから大抽選会 が始まるため
グラウンドにはたくさんの参加者が残っています。

特賞はスバルの軽自動車プレオ
image
 
さすがスバルがスポンサーになっているだけに太っ腹です。
ほかにも折り畳み自転車や旅行券、任天堂のゲーム機などいろいろ当たるので
ストレッチをしながら期待せずに見ていました。

大抽選会が終わった頃がお昼になるために、出店をいろいろ回って
お昼ご飯を食べようと思いスタンドから出店方向をみると超人だかりです。
image
 
何とか列の少ないお店をみつけて調達できました。
image
 
焼き牡蠣とつぶ貝の串焼き(500円)、石巻焼きそば(400円)。

image
 
ブラジル料理であるハツの串焼き(500円)、ペルー製インカコーラ(200円)を
 買いました。
他にもラーメンやたこ焼き、焼き鳥などいろいろな食べ物があってめちゃくちゃおいしそうでしたが
長い行列で断念したり、手持ち資金がなかったりで食べれませんでした。

マラソン大会でここまで出店がある大会は初めてでとても楽しい大会でした。
今回は車で来たためにビールが飲めなかったのがとても残念です。